プロフィール

田平篤史プロの一番の強み

障害年金専門知識の社会保険労務士としてトータルに支援する強み

社会保険労務士資格を持ち、障害年金に特化した専門家として受給希望者の受給決定までを徹底サポート。書類作成など申請事務を代行して行うことで、受給希望者の身体的負担や煩わしさを軽減できる強み。

〈資格等〉
田平 篤史
◆社会保険労務士
◆年金アドバイザー2級
◆DCプランナー2級
◆某社会保険労務士講座講師

氏名 田平篤史(たびらあつし)
会社名 たびら社会保険労務士事務所
事業内容 ■障害年金等に関する相談
■障害年金を中心にした申請手続代行
■各種助成金申請
■社会保険/労働保険相談・手続
■就業規則作成
専門分野 障害年金の申請手続から受給決定までのトータルな支援
特徴 手続から受給決定まで手間のかかる障害年金受給までを、トータルに支援する障害年金専門の社会保険労務士事務所。無料相談から開始し、書類作成や提出などをアドバイス・代行することで、受給希望者の身体的負担や煩わしさを軽減して、障害程度にふさわしい受給決定に結び付ける。
職種 障害年金等公的年金を専門にする社会保険労務士
住所 〒861-2236
熊本県上益城郡益城町広崎1021-16
電話 096-221-1318
営業時間 8:00~20:00(月曜日~土曜日)
定休日 日曜日・祝祭日
ホームページ http://www.tabira-sr.com
最近投稿されたコラムを読む
慢性腎不全等の方へ
イメージ

下記の疾病に該当する場合は、1ヵ月の自己負担の限度額が医療機関ごとまたは外来、入院ごとに1万円となります。※上位所得者の人工透析療法中の方は、限度額が2万円...

障害共済年金
イメージ

被用者年金制度一元化により、平成27年10月からは、共済年金は厚生年金に統合されます。基本的には障害共済年金のルールを適用することになりますが、一部経過措置な...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
お客さまの実情に合った障害年金受給を実現します たびら社会保険労務士事務所 田平篤史

より幸せに暮らすために、「障害年金」の受給を実現する社会保険労務士事務所(1/3)

 公的年金というと、一般的には60歳または65歳から貰える「老齢年金」を指します。しかし、それ以外にも、誰かがお亡くなりになった場合にその遺族が受給する「遺族年金」および、病気や障害によって日常生活や労働に支障をきたす場合に支給される「障害...

田平篤史プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

障害年金専門知識の社会保険労務士としてトータルに支援する強み

会社名 : たびら社会保険労務士事務所
住所 : 熊本県上益城郡益城町広崎1021-16 [地図]
TEL : 096-221-1318

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-221-1318

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田平篤史(たびらあつし)

たびら社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分ひとりではとてもできなかったと思います。

【初回無料相談の感想…大変満足】 【年金請求までの対応…...

H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
糖尿病性腎症で障害厚生年金支給
イメージ

こんばんは、社労士の田平です。今日は衆議院議員総選挙でしたね。まだ開票が全て終わった訳ではありません...

[ 障害年金 ]

「意見書を書いて下さい」だけでは書いて貰えない!?
イメージ

こんばんは、社労士の田平です(^O^)/パリーグCSファイナルステージ第3戦、我がソフトバンクホークスは楽天...

[ 障害年金 ]

統合失調症で障害基礎年金支給決定
イメージ

こんばんは、社労士の田平です(^O^)/ア・リーグ地区シリーズ第5戦、田中将大投手のいるヤンキースはインデ...

[ 障害年金 ]

意見書がないと不服申立ては出来ないのか?
イメージ

こんばんは、社労士の田平です(^O^)/今日は子供達とグランメッセのイベントに行って来ました。キャラクター...

[ 障害年金 ]

不服申立てをすると障害年金は貰えない?
イメージ

こんばんは、社労士の田平です(^O^)/今回のテーマは不服申したてに関することですが、皆さんが一番気になる...

[ 障害年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ