コラム

 公開日: 2013-09-08 

やはり短時間では無理!重要事項説明書の説明

 不動産を売買、賃貸する際に『重要事項説明書』という書類が
宅建業者から消費者に交付され、宅建主任者が説明することが義務化されています。

 不動産業界人には、当たり前の行為で見慣れた書類ですが
一般の消費者にとっては見慣れない難しい内容の書類となっています。

 『重要事項説明書』は、複雑で慣れない不動産取引から消費者を保護することを主目的としていますので、宅建主任者はこの内容を分かり易く説明し理解してもらうようにしなければなりません。

しかし実際の現場においては
売買契約・賃貸契約を締結する直前に説明されることが多く、
一般の購入者は、緊張感の中で、今まで聴いたことの無い用語や
取引における約束事等を比較的短い時間で説明され、不十分な理解のまま
この書類に記名と捺印をしているのが実情です。
 「何か質問は?」と問われても、多くの人はその質問が頭に浮かんで来ません。

 この短時間の説明の後、不十分な理解のまま契約行為をすることは
安心・安全な取引行為とは言えず、契約後に不満点が露呈しても理解した上で押印したのだからと受け入れてもらえなくなります。

 これまで実際に立ち会った説明で最も短かったケースは、
「この説明書を一通り読んで分からないことがあれば質問してください。無ければ記名・捺印をして次は契約書に記名・捺印してもらいます。」と数秒で終わるものでした。
 他には説明する宅建主任者が重要事項説明書の中身を理解していないケースもあり、
『重要事項説明書』が 本来の目的を成さない形骸化した存在になってきています。

 本来の目的を成すようにするためには、消費者が重要事項説明書の存在意義を予め知っておき、
それに則さない説明の場合は、理解できるような説明を要求することです。
  それ以外に、
・契約当日に説明しないで、数日前にリラックスした状態で余裕を持って説明を聞いてもらう
・説明の場に消費者側も不動産のプロを同席させて内容を“通訳”してもらう
ことなども有効な手法です。
                         「森田コンサルティング事務所」 

この記事を書いたプロ

森田コンサルティング事務所 [ホームページ]

不動産コンサルタント 森田伸幸

熊本県熊本市東区新南部3丁目3番40号 [地図]
TEL:096-285-5744

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
利用される理由

① 「不動産を買い手・売り手の立場で売買してきた経験者。」   だから、一般の人が気付かない問題点を予見します。      本やウェブで不動産の基本的な知...

サービスメニューと料金

 土地や建物を購入する前の素朴な疑問や売主や仲介業者には聞きづらいこと、不動産の基本的な事項や注意点などを対面して応答します。 また、物件の見方や不動産広...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
お客さまの立場で個人向け不動産相談をお受けしています 森田コンサルティング事務所代表 森田伸幸

不動産購入の個人の利益を守るためのプロ(1/3)

多くの人にとって、一生に一度、しかも高額な買い物であるマイホーム。しかし、個人で不動産を購入する場合に、果たしてそれに見合うだけの慎重さと的確な情報収集が行われているか疑問です。森田伸幸さんがコンサルティング事務所を独立開業したのは、平成...

森田伸幸プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

不動産を最前線で売買取引してきた経験と実績

会社名 : 森田コンサルティング事務所
住所 : 熊本県熊本市東区新南部3丁目3番40号 [地図]
TEL : 096-285-5744

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-285-5744

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森田伸幸(もりたのぶゆき)

森田コンサルティング事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

非常に有意義な調査であると思いました

先日はお世話になりました。 購入申し込みから契約まで1週間...

T・K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
リフォーム済中古住宅で見たひどい事例①
イメージ

 中古住宅の購入相談・住宅診断でのご相談が増加しています。「営業マンに契約を急がされるけど理由がわからな...

[ 中古住宅購入 ]

熊本地震から2週間後
イメージ

 本震の後の強い余震と思ったら前震の後の本震という「だまし討ち」みたいな熊本地震。 被災されたかたに心...

[ その他 ]

物件情報が豊富な不動産業者は買い手にとって不利益な場合がある

 売買物件を探す時に物件情報をたくさん掲載している不動産業者とあまり情報を持っていない不動産業者とを比べて...

[ 住宅・不動産業界 ]

ホームインスペクターのスタートアップセミナー
イメージ

 内閣府認定NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会九州支部によるホームインスペクターのスタートアップセミナ...

[ ホームインスペクション ]

売買契約時の住宅診断(ホームインスペクション)の実施確認が義務化へ

 国土交通省は中古住宅を安心して売買できるよう、専門家が家屋の傷み具合を調べる住宅診断(ホームインスペクシ...

[ 中古住宅購入 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ