コラム

 公開日: 2013-06-23 

不動産の坪単価表示は単純比較しないで・・・

 週末になると住宅・不動産関連の広告を目にすると思います。

広告には面積や長さの単位が記載されていますが、業界でよく使われる単位には
《面積・広さ》  → 「平米(㎡)、ヘクタール(ha)、歩(ブ)、坪、反(タン)、町(チョウ)、畝(セ)」、
《長さ》     →  「メートル(m)、ミリメートル(㎜)、間(ケン)、尺(シャク)」
などがあります。

 土地・建物取引において、面積では「平米(㎡)、坪」を、長さでは「m、㎜、尺、間」が通常よく使われている単位ではないでしょうか。
 日常的にこの単位を使わない人は、頭の中で換算し、どれ位の広さや長さになるのかを認識することが難しいのではないかと思います。また、使われる単位が、人によっても違うし、対象物によっても違ってくるので、換算方法と電卓が必要になってきます。

 ただ住宅や不動産の価値を比較する時は、土地も建物も『坪単価』で表し比較することが多いと思います。これは慣習なのですが、不動産や住宅会社の広告でも「分譲地、坪単価○○万円から」「坪○○万円で建てる新築!」などの表示をよくみかけます。

 この坪単価が、土地価格を面積(坪単位)で割ったもの、建物価格もしくは請負価格を建物面積で割ったものと単純に考えている人が多いのですが、実はこの単価表示に関しての厳格な規定はありません。
 「不動産の表示に関する公正規約」というのがあるものの業界の自主目標で強制力が無いことと、その規定が不完全であるため各社にバラツキがあるのが実情です。

 とにかく他社よりも「安い」と感じさせる様に表示する会社もあれば、正直に表示する会社もあり、統一性はありません。よってその中身を知らないまま単純比較するのはお勧めしません。

 ではどうやって比較するのが良いのでしょう。

 それは「いくらで買う」かではなく、「いくら払うことになるか」を考えることです。 

この記事を書いたプロ

森田コンサルティング事務所 [ホームページ]

不動産コンサルタント 森田伸幸

熊本県熊本市東区新南部3丁目3番40号 [地図]
TEL:096-285-5744

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
利用される理由

① 「不動産を買い手・売り手の立場で売買してきた経験者。」   だから、一般の人が気付かない問題点を予見します。      本やウェブで不動産の基本的な知...

サービスメニューと料金

 土地や建物を購入する前の素朴な疑問や売主や仲介業者には聞きづらいこと、不動産の基本的な事項や注意点などを対面して応答します。 また、物件の見方や不動産広...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
お客さまの立場で個人向け不動産相談をお受けしています 森田コンサルティング事務所代表 森田伸幸

不動産購入の個人の利益を守るためのプロ(1/3)

多くの人にとって、一生に一度、しかも高額な買い物であるマイホーム。しかし、個人で不動産を購入する場合に、果たしてそれに見合うだけの慎重さと的確な情報収集が行われているか疑問です。森田伸幸さんがコンサルティング事務所を独立開業したのは、平成...

森田伸幸プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

不動産を最前線で売買取引してきた経験と実績

会社名 : 森田コンサルティング事務所
住所 : 熊本県熊本市東区新南部3丁目3番40号 [地図]
TEL : 096-285-5744

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-285-5744

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森田伸幸(もりたのぶゆき)

森田コンサルティング事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

安心して暮らせる家になりました。ありがとうございました。

 御無沙汰いたしております。  〇〇、□□の物件でお世話に...

K・M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
急がせる不動産業者と担当者には注意を!

 あるご依頼者の中古住宅購入のコンサルティング及びサポートをしているのですが、物件を媒介する不動産業者と担...

[ 住宅 不動産の営業マン ]

リフォーム済中古住宅で見たひどい事例①
イメージ

 中古住宅の購入相談・住宅診断でのご相談が増加しています。「営業マンに契約を急がされるけど理由がわからな...

[ 中古住宅購入 ]

マンション新築販売西高東低 近畿圏26年ぶりに逆転 そのワケは?

執筆したコラムがJIJICOに掲載されました。マンション新築販売西高東低 近畿圏26年ぶりに逆転 そのワケ首...

[ 住宅・不動産業界 ]

リフォーム済中古住宅で見たひどい事例 ②
イメージ

中古住宅を購入する際の相談が増加していますがその中でリフォーム済中古住宅をホームインスペクション(住宅診断...

[ 中古住宅購入 ]

2017年のスタート
イメージ

あけましておめでとうございます 旧年は熊本地震で激動の年になりました。震災直後から住宅診断の依頼が増...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ