コラム

 公開日: 2015-12-16 

病院経営の利益追求は是か否か?

介護保険や包括払い制度の導入、医療法や診療報酬の改定で、今世紀に入り病院を取り巻く環境には、さまざまな変化が起きました。
院長は、新しい医療技術の習得や自己研鑽だけでなく、サービス部門のレベル決定の牽引、コスト管理など、今後ますます要求される項目が増えることになるでしょう。
考え方や方針ひとつで病院収益が決まる時代です。一定のコストで最大のパフォーマンスを生み出す新しいチーム医療をリードしましょう。
資本主義の世界で、利益を追求しない組織体は有り得ないと考えます。

病院と企業の経営の差異

病院は病気を治療し、人の命を預かるところ。利益を得ることを第一の目的としてはいけない空気がありました。
一方、民間企業はと言うと、人を雇い、資金を調達し、物を作り、売却して利益を得ることを第一の目的としています。
利益が継続すれば成長発展し、利益が出ない状態では衰退、倒産に至ります。伸びる企業は、短期的年度の利益にとどまらず、将来の健全な発展のための投資を、長期的視野で行っています。

病院の場合、医療収益から医業費用を差し引いた差額が医業損益です。黒字でなければ存続できないのは言うまでもありません。
先見性を持った長期の計画で経営を継続、地域医療に貢献していくためには、安定した売り上げと利益を増やし続けることが欠かせません。

病院経営の収入と支出 基本例

入院施設のある病院の場合、大きな収入源は入院収入で、総収入の6〜7割を占めます。規模が大きくなるほどその割合は高い傾向にあります。
次いで多いのが外来収入。以下、検査、検診、差額ベッド料と続きます。
また、医業外収入には医療専門職の育成事業、臨床研究事業からの収入、寄付金などがあります。

一方、病院の支出で最も大きな割合を占めるのが職員への給与で、全施設平均で50%を超えています。

次に大きいのは材料費です。総支出の約25%をしめ、材料費のうちの約3分の2が医薬品費、残りが診療時に使う消耗品などです。
さらに経費としての約10%には、給食、検査、清掃、理念などの委託費が含まれます。
委託費以外の経費とほぼ同等にかかっているのが、病院建物や医療機器などの減価償却費です。

病院経営の厳しい現状

医療機関という組織を継続するためには、どうしても安定した収入の確保と利益増加を実現する必要があります。 しかし現状はどうでしょうか?
厚生労働省によると、平成27年3月末時点で、国内の公立病院数は1673、民間病院は6870。

26年度の調査では、全体の約8割の病院が赤字であり、民間病院でさえ半分以上が赤字という結果です。

多額の補助金が支払われる公立病院に比べ、民間病院には原則補助金はありません。
日本の病院の問題点として資金調達は銀行借り入れに依存していることがあげられますが、銀行融資が厳しくなったと感じている病院経営者は約2割にものぼっています。

病院の株式会社化も議論されています。営利組織としての病院経営を認め、赤字経営の改善、経営の効率化を推進していこうという動きですが、米国での失敗を例にとり、医療費の高騰や医療の質の低下を心配する声も上がっています。

利益追求のため法人化を考える

開業医なら一度は考えたことがあるかもしれない医療法人設立。そのメリットデメリットについては、それぞれ誤解されているなと感じる面があります。

さほど利益が出ていないので法人化は無理。厚生年金に加入するため費用が増加。今の利益水準の不透明さの不安。国に財産が没収されるマイナスイメージ。などがデメリットとしてあげられますが、個人財産と法人経営が分離されるので適正な医療経営の実践が可能となり、実行税率は小さくなります。

また生命保険料を損金に計上できることや、交際費、車両費に対しての税務調査が緩和されるなど、メリットについても検討されることをおすすめします。

エクセルライトでは、これまでの実務経験に基づき、ドクターが利益をあげるしくみや情報を提供しています。

この記事を書いたプロ

合同会社エクセルライト [ホームページ]

経営コンサルタント 西村秀明

熊本県上益城郡益城町宮園763-4 [地図]
TEL:096-286-3546

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
合同会社エクセルライトの西村秀明代表社員

みんなが幸せになる、医療機関の組織づくりを目指す(1/3)

 平成27年4月に創業したばかりの合同会社エクセルライト。病院、医療・介護福祉施設の事業コンサルティングを中心に事業を展開しています。代表社員の西村秀明さんが起業を考え出したのは、平成26年の夏、医療法人社団仁風会比企病院の事務長と有料老...

西村秀明プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

現場職員の気持ちと経営者の気持ちを踏まえたコンサルティング

会社名 : 合同会社エクセルライト
住所 : 熊本県上益城郡益城町宮園763-4 [地図]
TEL : 096-286-3546

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-286-3546

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西村秀明(にしむらひであき)

合同会社エクセルライト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
病院経営における院長の仕事と医師としての仕事

技術革新により、医師の仕事を取り巻く環境も常に変化しています。さかのぼれば、昔は医師が薬を調合していまし...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営における事務長の役割

病院の行動指針、経営理念は掲げているものの、それがきちんと院内に浸透し機能しているかというと疑問の残る点が...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営の生き残りはどうする!?

競合激化のなか、漫然と外来診療に当たり、必要なら市民病院に紹介するといった医療を続けていると、開業から5〜...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営における組織づくりの役割

かなり昔の話になりますが、看護師が何人もいるのにカルテの整理しかしていない診療所がありました。これでは医師...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営のIT化がもたらす効率化とは

ITやICTの技術は日進月歩。モバイル化やクラウドサービスの普及で、ネットワーク活用の可能性が、どんどん広がって...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ