コラム

 公開日: 2015-12-11 

病院経営のIT化がもたらす効率化とは

ITやICTの技術は日進月歩。モバイル化やクラウドサービスの普及で、ネットワーク活用の可能性が、どんどん広がってきています。
医療の分野においても、ペーパレス・フィルムレスで社会資源を有効活用し、より質の高いサービスを提供することが可能になっています。
電子カルテやレセコン、診療予約、地域連携システム、訪問診療支援ツールなど、これからの病院運営に欠かせないとも言えるIT・ICTの導入は、もうお済みですか?検討されたことはありますか?

医療のIT化 電子カルテが時代の鍵

コンピュータで記録、保存。
保管や管理が容易で、ネットワークを通じ、必要な時に病院内の別の場所からもすぐに情報が取り出せるのが、電子カルテです。
5年間の保存が義務づけられている紙カルテですが、電子化により、その真正性・見読性・保存性が実現します。

各社が次々にその特徴をうたい、診療スタイルに合わせたシステムの選択が可能となっており、今後の経営サポートの鍵になると言えるものです。
また、代替わりの時期を見据え、導入を考える経営者も増えています。

従来のカルテ保管場所の削減と業務効率アップによるコスト削減。導入時にかかる経費の差し引きで考えてみましょう。

電子カルテのメリットについて

いくつかの例をあげてみましょう。

維持機能のみの利用から、本格的な電子カルテ運用。
検査結果の取り込みや処方箋入力など、機能の一部のみを使うこともできます。
レセプト・カルテ作成時のミスを防ぐ自動チェック機能の搭載で、人が時間をかけて行ってきた部分が、あっという間の作業になります。
正確で素早いことが電子カルテの一番のメリットです。
検索により、カルテ出しの時間もかからなくなります。

受付や会計もスピードアップしますから、患者さんの待ち時間の減少が見込めます。
紙カルテのような搬送、片付けの手間もいりません。
紹介状や診断書の作成機能搭載で、事務作業のスピードアップもはかれます。
将来、地域での連携ネットワークが構築される際に、診療情報を提供することができる仕掛けもあります。

IT化で、初診予約システムを便利に活用

医療機関を受診する前に、パソコンのみならずスマートフォンで病院のチェックを欠かさない人も増えています。病院のホームページや検索サイトなどを通じ、事前に初診申し込みができるサービスも普及しています。24時間、受診したい病院の初診申込ができると便利ですよね。

時間に縛られるとの観点から、予約システムの導入に抵抗のある院長も、初診に限ってのことなら負担が少ないと言えます。

利用の流れとしては、患者さんがホームページや検索サイト内にある初診受付をクリックし、希望する日時を選択。受付が完了すると病院側にメールなどで内容が配信されるしくみです。
氏名、年齢、性別、症状などを入力するため、安心して来院できる環境になっていると言えるでしょう。
また、病院側にとっても、事前に患者さん情報が知らされるので、問診時間が短縮できたり、必要な検査予測が立てられ効率的です。

ICT化により訪問医療もスームズに

ICT化に伴い、医師の隣で、電子カルテや文書の作成業務をサポート、リアルタイムでレセプト点検を行うなどの人材にクラークがいます。
クラークの採用で、医師が電子カルテを入力するよりも、作成時間が短くなります。電子カルテを導入したものの、パソコンばかりに集中してしまい、思ったよりも負担が大きいなどの不満も解消できます。
クラーク育成講座に参加して、スタッフが経験を磨いていくのもよいでしょう。

さらに在宅医療が推進されるに従い、院外にカルテを持って出かける必要性が出てくるので、モバイル運用オプションは決め手となります。
ノートパソコンやタブレット端末を利用。患者さん宅で、過去のカルテを参照したり、診察内容の入力ができます。

ホームページ作成、電子カルテのほか、地域のかかりつけ医として担うべき機能にフォーカスしながら、ICTシステムの強化をはかることを考えてみませんか?

この記事を書いたプロ

合同会社エクセルライト [ホームページ]

経営コンサルタント 西村秀明

熊本県上益城郡益城町宮園763-4 [地図]
TEL:096-286-3546

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
合同会社エクセルライトの西村秀明代表社員

みんなが幸せになる、医療機関の組織づくりを目指す(1/3)

 平成27年4月に創業したばかりの合同会社エクセルライト。病院、医療・介護福祉施設の事業コンサルティングを中心に事業を展開しています。代表社員の西村秀明さんが起業を考え出したのは、平成26年の夏、医療法人社団仁風会比企病院の事務長と有料老...

西村秀明プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

現場職員の気持ちと経営者の気持ちを踏まえたコンサルティング

会社名 : 合同会社エクセルライト
住所 : 熊本県上益城郡益城町宮園763-4 [地図]
TEL : 096-286-3546

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-286-3546

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西村秀明(にしむらひであき)

合同会社エクセルライト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
病院経営における院長の仕事と医師としての仕事

技術革新により、医師の仕事を取り巻く環境も常に変化しています。さかのぼれば、昔は医師が薬を調合していまし...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営における事務長の役割

病院の行動指針、経営理念は掲げているものの、それがきちんと院内に浸透し機能しているかというと疑問の残る点が...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営の利益追求は是か否か?

介護保険や包括払い制度の導入、医療法や診療報酬の改定で、今世紀に入り病院を取り巻く環境には、さまざまな変化...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営の生き残りはどうする!?

競合激化のなか、漫然と外来診療に当たり、必要なら市民病院に紹介するといった医療を続けていると、開業から5〜...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営における組織づくりの役割

かなり昔の話になりますが、看護師が何人もいるのにカルテの整理しかしていない診療所がありました。これでは医師...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ