コラム

 公開日: 2015-12-09 

病院経営の手法が多様化している背景

厚生労働省の基準病床数制度により病床数が減らされ、有料老人ホームなどの介護施設が増加してきました。
高齢者の介護は、今後ますます国を上げてのテーマです。病院経営においても、高齢者介護は大きな市場と言えるでしょう。

見直される病院経営

社会保障・税一体改革で、2025年に向けた、医療や介護提供体制の再構築が進められています。2014年の診療報酬改定では、医療機関の機能分化・強化とともに在宅医療の充実が図られました。

在宅復帰率要件の拡大により、在宅患者が増加しています。
以前は亞急性期入院医療管理科にのみ設定されていた、退院患者に占める自宅等への復帰患者の割合が、7対1入院基本料をはじめ、いくつかの病棟の基本料に対し要件化されました。

入院時点から退院に向けた調整を厳格に進めるとともに、患者をより積極的に在宅へと誘導する動きが出てきています。
これからの病院経営は、大規模病院と連携し、増加する在宅患者をどう取り込んでいくかが、ポイントとなるでしょう。

早めにどのような手法を取るべきか

今、求められるのは、全人格的かつ継続的な診療であり、専門的な診療への橋渡しです。
開業医の総合的なスキル向上が必要な時代が予想され、地域包括ケアにおけるコーディネーター役としての活躍が期待されていることを、理解しておきたいですね。

高齢化の波は、治療や予防のみならず、病後サポート、健康増進、生活支援など、さまざまな機能を担う場所を求めています。
この役割を果たすことは、時代のニーズに応えるだけでなく、地域での存在感の拡大や患者の定着にもつながり、メリットも大きいと言えるでしょう。

病院経営の目指すべき方向性

規模の小さい病院であれば、実は小回りもきくのです。
新たな機能も獲得しやすく、積極的にチャレンジしやすいと考えましょう。目指したいのは高齢者や地域住民が求める小規模多機能型クリニックです。

実際に、訪問診療や往診を行うなか、終末期医療を念頭においたドクターは、在宅療養が困難な高齢者サポート施設の必要性を感じています。

通いと泊まりと訪問の機能を持つ小規模多機能ホームは、通所での外来受診や、容態の悪いときの宿泊機能を持っています。

クリニック併設型では、外来受診や患者宅への訪問診療など、自然な連携が可能です。
さらに、医療法人の附帯事業として、高齢者専用賃貸住宅が認められ、医療収益の向上を考える新しい展開に注目が集まっています。

ニーズに応える、あらたな手法

午前10時から午後4時までの運営がデイサービスの通例でしたが、小規模多機能ホームは、必要な時に必要なサービスを提供するため、24時間365日の体制で、利用者にとっても安心感もあります。

包括報酬なので、何回通所しても何日宿泊しても月額料金は一定です。事業主としてはサービス量のコントロールが必要ですが、家庭内の介護がむずかしい時などに利用してもらうことで在宅生活継続のサポートができるというわけです。

新しい病院経営のトレンド

小規模多機能型居宅介護は地域密着型サービスなので、開設には市町村の許認可が必要です。
担当部署との十分な協議を行い、介護保険事業計画に合わせ、諮問機関の了承を得る必要があります。国からの整備交付金も市町村の決定がなければ受けられません。

デイサービスとの差別化をはかる意味でも、時間にとらわれない弾力的サービスを提供していること、家族の介護力を想定したケアマネージメントを実践していることを認知してもらい、利用者の獲得につなげたいものです。

将来的には、地域に点在するであろう、これら施設へのアプローチ。
先を見据えた経営能力と実行力が問われます。

この記事を書いたプロ

合同会社エクセルライト [ホームページ]

経営コンサルタント 西村秀明

熊本県上益城郡益城町宮園763-4 [地図]
TEL:096-286-3546

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
合同会社エクセルライトの西村秀明代表社員

みんなが幸せになる、医療機関の組織づくりを目指す(1/3)

 平成27年4月に創業したばかりの合同会社エクセルライト。病院、医療・介護福祉施設の事業コンサルティングを中心に事業を展開しています。代表社員の西村秀明さんが起業を考え出したのは、平成26年の夏、医療法人社団仁風会比企病院の事務長と有料老...

西村秀明プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

現場職員の気持ちと経営者の気持ちを踏まえたコンサルティング

会社名 : 合同会社エクセルライト
住所 : 熊本県上益城郡益城町宮園763-4 [地図]
TEL : 096-286-3546

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-286-3546

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西村秀明(にしむらひであき)

合同会社エクセルライト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
病院経営における院長の仕事と医師としての仕事

技術革新により、医師の仕事を取り巻く環境も常に変化しています。さかのぼれば、昔は医師が薬を調合していまし...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営における事務長の役割

病院の行動指針、経営理念は掲げているものの、それがきちんと院内に浸透し機能しているかというと疑問の残る点が...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営の利益追求は是か否か?

介護保険や包括払い制度の導入、医療法や診療報酬の改定で、今世紀に入り病院を取り巻く環境には、さまざまな変化...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営の生き残りはどうする!?

競合激化のなか、漫然と外来診療に当たり、必要なら市民病院に紹介するといった医療を続けていると、開業から5〜...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

病院経営における組織づくりの役割

かなり昔の話になりますが、看護師が何人もいるのにカルテの整理しかしていない診療所がありました。これでは医師...

[ 病院経営コンサルティングの現場から ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ