コラム

 公開日: 2015-04-09  最終更新日: 2015-07-12

職場での人間関係を改善する方法 その1

弊社では、ストレングスファインダー®という各自の強みの元となる才能診断ツールを用いて、職場での人間関係を改善し、チーム力を上げるお手伝いをしております。

ストレングスファインダー®は、自分自身をより深く知り自分の行動をより良いものにしていくために、非常に有効なツールであると同時に、チーム、組織に導入すると非常に大きな効果を生むものでもあります。

チームメンバーと働いていて、こんな風にストレスに感じることはないでしょうか?

・自分が苦もなくできることを他の人ができないのを見て、「なんでそんなこともできないのだろう?」と思ってしまう。
・自分のやり方を常に否定する人がいる。
・上司、部下、同僚の言動が理解できずに不快に感じる。

これらはすべて、他人とは違う自分を認められていない、あるいは自分とは違う他人を認められていないかのどちらかによって起こることです。

つまり、人は一人ひとりそれぞれ違うと知りながらも、本当の意味でその多様性を受け入れられていないのです。

そこで、ストレングスファインダー®です。

ストレングスファインダー®で違いを実感する


ストレングスファインダー®の資質は、その人の持つニーズ、価値観を表現しています。

人は、それらニーズや価値観に基づいて行動します。

つまり、ストレングスファインダー®は人の行動の原泉を教えてくれるのです。

例えば、チーム内でこんなすれ違いが起こるかもしれません。

ある人が家庭の事情により、特別な就業時間の適用を求めたとします。

こういう時、「個別化」の資質を上位に持つ人は、抵抗感なくそれを受け入れるでしょう。

「個別化」を持つ人は、”全体”よりも”個”を重視しがちです。

「人は一人ひとり事情も違う、だから世の中もそれに合わせていけば良い。」

と考えます。

一方「公平性」を持つ人は、”個”よりも”全体”としての利益を重視します。

人は一人ひとりが平等に扱われてこそ全体の利益につながるのだと考えます。

その意味において、一人ひとりが定められたルールを守り、例外を作らないことが重要なのです。

「個別化」的視点も、「公平性」的視点も、どちらが正しいということではなく、どちらも時と場合により必要なものです。

だから、本来状況に応じて使い分ければ良いだけなのですが、お互いが無意識に自分が大切にしているものを主張し合うだけでは、ただ衝突しすれ違うだけでしょう。

お互いのニーズの違いを客観的に知る


ここで大切なのは、お互いのニーズがどこにあるのかを共有することです。

そもそもお互いが、お互いのことを自分とは相容れない考え方を持つ人だという感覚はあると思います。

それでも、お互いが自分が大切にしているもの、ニーズを明確には言語化できていないと思います。

そこで、ストレングスファインダー®の出番です。

ストレングスファインダー®は、その人の持つニーズを資質という明確に言語化されたもので示してくれます。

これにより自分をより客観的にみることが可能になります。

そして同時に、他人の今まで理解できなかった言動がどのようなニーズに基づくものなのかも知ることができます。

これさえわかれば、後はそれぞれのニーズに照らして、今この状況で何をどうするかを選択すれば良いということになります。

どちらかの視点を採用するのか、それともお互いの折衷案を考えるのか。

いずれにしても無駄にすれ違うことがなくなり、チームとしての意思決定もきっとスムーズになります。

これがチーム、組織にストレングスファインダー®を導入する意味の一つです。

弊社では、一人ひとりの個性を大切にし、シナジー効果の高いチーム、組織作りの支援をしています。

企業様でのストレングスファインダー®研修への講師派遣もしております。

是非ご用命ください。

http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/service1/

こちらの記事も参考にしてください!

【ストレングスファインダー®とは】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/931/

【ストレングスファインダー®の診断方法】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/944/

【ストレングスファインダー®の活かし方】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/932/

【ストレングスファインダー®の活かし方 『バルコニーとベースメント』】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/935/

【ストレングスファインダー®の活かし方 『資質の組み合わせによるダイナミクス』】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/937/

【ストレングスファインダー®4つの資質のグループ】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/939/

無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」の購読



※この記事がいいなぁと思ったら、是非下の”よかった!”をクリックしてください。励みになります!

この記事を書いたプロ

株式会社ハート・ラボ・ジャパン [ホームページ]

人材コーディネーター 知識茂雄

熊本県熊本市南区浜口町19-2 [地図]
TEL:096-223-8852

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
企業向け研修
イメージ

ストレングスファインダー®は、チーム、組織内の円滑なコミュニケーションの促進に大いに役立ちます。実際に、ストレングスファインダー®を導入されている企業様も...

個人向けサービス
イメージ

ストレングスファインダー®が日本に持ち込まれたのは意外に古くて、14年ほど前になります。もっともポピュラーなテストの受け方は、「さあ才能(自分)に目覚めよう」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ハート・ラボ・ジャパン 代表取締役 知識 茂雄

コーチングを通して企業の風通しを良くするコミュニケーションのプロ(1/3)

「しなやかで強い心を育む」をコンセプトに、コーチングやカウンセリング事業を行う株式会社ハート・ラボ・ジャパン。自分を理解したい、今の自分を認めることができず生きづらさを感じている、社内での人材育成やリーダーシップについて学びたい。このような...

知識茂雄プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

個人の資質を活かしたコミュニケーションに関する全てをサポート

会社名 : 株式会社ハート・ラボ・ジャパン
住所 : 熊本県熊本市南区浜口町19-2 [地図]
TEL : 096-223-8852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-223-8852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知識茂雄(ちしきしげお)

株式会社ハート・ラボ・ジャパン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

心が軽くなりました。

ストレングスファインダーの読み込みをしていただいての感想...

M・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ストレングスファインダーの資質と葛藤
イメージ

今期から短大の非常勤講師を務めています。残念ながら(?)コミュニケーション系ではなく、プログラミングを...

[ ストレングスファインダー ]

ストレングスファインダーの資質を活かすための心のあり方
イメージ

ストレングスファインダー®の資質とその組み合わせは、その人の持つ思考パターンや、思考のクセを表すものです。...

[ ストレングスファインダー ]

メールでの伝え方、受け取り方
イメージ

メールという伝達手段は、とても便利なものです。それでも、文章だけのコミュニケーションってある意味危険...

[ ストレングスファインダー ]

機嫌が悪いときの自分との会話の仕方
イメージ

先日、朝から理由もなく機嫌が悪い私がいました。こういう時は、自分の資質がベースメント(地下室)にこもり...

[ ストレングスファインダー ]

心動くか
イメージ

先日、今日と福岡でストレングスを伝えてきました。今日は、セミナー形式で3名の皆さまにご参加いただきまし...

[ ストレングスファインダー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ