コラム

 公開日: 2015-11-22  最終更新日: 2015-12-09

ストレングスファインダー®の資質の組み合わせを考える

昨日は、ストレングス・ミニセミナーを開催しました。


このセミナーの目的は、自分の資質の読み込みを聞いて自己理解を深めていただくとともに、他の方の読み込みを聞いて同時に他者理解にもつなげていただくことです。


読み込みが中心となるため、最大5名の少人数制としています。


毎回参加者が変わると、それぞれに持っている資質が異なるので、必然的に場の雰囲気も変わるし、どんな話題が中心になるかも変わります。


そういうところに自分の持つ「アレンジ」「適応性」の変化に対応する資質を活かしています。


参加者同士でほとんど資質がかぶらないこともあれば、昨日みたいに参加者に共通する資質が出てくる場合もあります。


後者の場合は、後者なりの面白さがあります。


同じ資質でも組み合わせ次第で微妙に傾向は異なる


それは、同じ資質であっても、それぞれの方の持つ他の資質との組み合わせによって出方が変わってくるので、その対比を見ていくことで、やっぱり人それぞれに違うんだなぁと実感していただけることです。


昨日は、「着想」と「責任感」が共通していました。


得意の(?)「責任感」で、他の資質との組み合わせでどうなりがちかを一般論で説明してみます。


まず、私のように「調和性」「適応性」で受け身傾向で、かつ「自我」で自分の方に矢印がむきがちな人間は、真っ先に自分の責任を果たすというところに意識が向きがちです。


なので、以前も書いたかもしれませんが、例えばこういうことが起こります。


嫁さんから、「明日はいるの?」と聞かれると、反射的にこう答えます。


「えっ、なんで?なんかあるの?」


と。


「いるよ。」とか「いや、いないよ。」とか素直に答えれば良いのだろうと思うのですが、そうは答えることができません。


そう聞かれるということは、何か用事があって頼みたいのだろうと勝手に思ってしまうのです。


もっというと、答えが「いない」の時は、何か自分がやらなければならないことをできないということになってしまうので、”勝手に”罪悪感すら湧きます。(^_^;)


一方、影響力の資質が比較的上位に多くある方の「責任感」は、「責任感」の正しさ(道徳観みたいなもの)と影響力がくっついて”他者を正しく動かしたい”という欲求が出やすいかもしれません。


この場合は、自分の責任に引き寄せる感覚は、私のようなタイプよりはきっと薄いでしょう。


資質の組み合わせは無限


このように、それぞれの資質は他のどんな資質とどのように組み合わさるかでその色合いが変わってきます。


ストレングスファインダーは、5つの資質の組み合わせでその人を表すある意味シンプルなものですが、その組み合わせの数は3,300万通り以上もあります。


つまりTOP5だけみても、少なくとも3,300万人一人ひとりの違い、多様性を表現できてしまうのです。


34資質すべての並び順と考えると、実質無限大と言ってよい組み合わせの数になります。


それぞれの資質を単体で見るだけではなく、これとこれが組み合わさるとどうなるのか?の視点を加えると、自己理解に深みが出てくると思います。


※この記事がいいなぁと思ったら、是非下の”よかった!”をクリックしてください。励みになります!

ストレングスファインダー®は以下書籍付属のアクセスコードで診断できます。


 さあ才能(じぶん)に目覚めよう 1,728円(税込み)
 ストレングス・リーダーシップ 1,944円(税込み)
 心のなかの幸福のバケツ 1,404円(税込み)

ストレングスファインダーを活用した各種サービス


弊社では、ストレングスファインダー®の資質の読み込みや、コーチング等各種個人向けサービスを提供しています。

ストレングスファインダー®を活用したサービス

お客様の喜びの声

無料メルマガを配信中です!


メルマガでは、ストレングスファインダー®、アサーティブをベースに、才能を活かして自分らしく楽に生きる方法を書いています。

日常で活かせるちょっとした考え方、物事の捉え方のコツを書いてます。

ぜひこの機会にご購読ください!(^_^)

無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」の購読

こちらの記事も参考にしてください!


【ストレングスファインダー®とは】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/931/

【ストレングスファインダー®の診断方法】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/944/

【ストレングスファインダー®の活かし方】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/932/

【ストレングスファインダー®の活かし方 『バルコニーとベースメント』】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/935/

【ストレングスファインダー®の活かし方 『資質の組み合わせによるダイナミクス』】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/937/

【ストレングスファインダー®4つの資質のグループ】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/939/

【ストレングスファインダー®良くあるご質問】
http://heart-lab.jp/strengthsfinder-question

無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」の購読

この記事を書いたプロ

株式会社ハート・ラボ・ジャパン [ホームページ]

人材コーディネーター 知識茂雄

熊本県熊本市南区浜口町19-2 [地図]
TEL:096-223-8852

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
企業向け研修
イメージ

ストレングスファインダー®は、チーム、組織内の円滑なコミュニケーションの促進に大いに役立ちます。実際に、ストレングスファインダー®を導入されている企業様も...

個人向けサービス
イメージ

ストレングスファインダー®が日本に持ち込まれたのは意外に古くて、14年ほど前になります。もっともポピュラーなテストの受け方は、「さあ才能(自分)に目覚めよう」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ハート・ラボ・ジャパン 代表取締役 知識 茂雄

コーチングを通して企業の風通しを良くするコミュニケーションのプロ(1/3)

「しなやかで強い心を育む」をコンセプトに、コーチングやカウンセリング事業を行う株式会社ハート・ラボ・ジャパン。自分を理解したい、今の自分を認めることができず生きづらさを感じている、社内での人材育成やリーダーシップについて学びたい。このような...

知識茂雄プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

個人の資質を活かしたコミュニケーションに関する全てをサポート

会社名 : 株式会社ハート・ラボ・ジャパン
住所 : 熊本県熊本市南区浜口町19-2 [地図]
TEL : 096-223-8852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-223-8852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知識茂雄(ちしきしげお)

株式会社ハート・ラボ・ジャパン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

強みを活かせるチーム作りに必要なツールだと思います。

各特性についてわかりやすく説明して頂き、ストレングスファ...

木下忠洋
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ストレングスファインダーの資質と葛藤
イメージ

今期から短大の非常勤講師を務めています。残念ながら(?)コミュニケーション系ではなく、プログラミングを...

[ ストレングスファインダー ]

ストレングスファインダーの資質を活かすための心のあり方
イメージ

ストレングスファインダー®の資質とその組み合わせは、その人の持つ思考パターンや、思考のクセを表すものです。...

[ ストレングスファインダー ]

メールでの伝え方、受け取り方
イメージ

メールという伝達手段は、とても便利なものです。それでも、文章だけのコミュニケーションってある意味危険...

[ ストレングスファインダー ]

機嫌が悪いときの自分との会話の仕方
イメージ

先日、朝から理由もなく機嫌が悪い私がいました。こういう時は、自分の資質がベースメント(地下室)にこもり...

[ ストレングスファインダー ]

心動くか
イメージ

先日、今日と福岡でストレングスを伝えてきました。今日は、セミナー形式で3名の皆さまにご参加いただきまし...

[ ストレングスファインダー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ