コラム

 公開日: 2015-09-24 

言うことを聞かない部下との接し方

リーダー、マネージャの多くの人の抱える問題は、部下が自分の言うことを聞かないことだと思います。

恐らく多くのリーダー、マネージャは思い当たることだと思います。

変えようと思えば思うほど人は変わらない


ところが、この問題が難しいのは、言うことを聞かない部下のことを変えようと思ってどんだけ頑張っても相手は変わらないということです。

以前私がマネージャだった頃、こういうことがありました。

何かと折り合いのつかない部下がいて、しょっちゅう言い争いをしていました。

私は、自分の言っていることに100%正しいとの確信があったので、とにかく部下を説得して言うことを聞かせようとしていました。

それでも部下は従いませんでした。

自分は正しいことを言っているはずなのに、なぜこの部下は言うことを聞かないんだと、その当時はかなり悩みました。

そして、徐々に自分の正しさを押し付けるマネジメントのあり方に疑問を持つようになりました。

これが、私がコーチングを学ぶようになった一つのきっかけでした。

コーチングを学び、実践するようになった過程で、人にはそれぞれの自分なりの正しさがあることを知りました。

上述の彼も、自分なりの正しさで持って抵抗していたに過ぎなかったわけです。

そこで私がやったことは、相手の言うことにも耳を傾けるということでした。

一旦自分の考える正しさを脇において、相手の言い分にも一理あるのかもしれないとの前提で話しを聞いていったのです。

すると、不思議なことに、徐々に相手も自分の話しを聞いてくれるようになり、お互いの言い分を出しあった後に、より良い方法を建設的に議論できるようになりました。

ストレングスファインダーでお互いの特徴を知る


ストレングスファインダー的に言えば、私がついつい正しさを振り回してしまうのは、「責任感」という資質を上位に持つからです。

そして、同じように正しさにこだわりのあったかつての部下も、おそらく同じように「責任感」を持っていたのでしょう。

同じ資質を持つからといって、コミュニケーションがスムーズにいくとは限らないのです。

時にはこのように同じ資質を持つ同士だからこそ、スレ違い続けるということもあり得ます。

いずれにしても、相手が言うことを聞かない、自分の思い通りに動いてくれないのであれば、まずはお互いの思考、価値観の違いに着目することです。

例えば、「いくら失敗してもいいからやってみろ!」と言っても、なかなか動かない部下がいたとします。

もし彼/彼女が「慎重さ」という資質を上位に持っていたら、それも無理からぬことです。

なぜならば、「慎重さ」を持つ人は、失敗しないという前提に立ち、リスクを検討しリスクを排除できるよう慎重に準備を進めることを良しとする人だからです。

だから、こういう人にいくら「やってみろ!」と言っても動けないのです。

そういう彼らの大切にしているものを理解すれば、こちらがある程度準備する時間を与えるなり、失敗を恐れなくてもよいことを十分に説明したりとのアプローチが取れるようになります。

無理やり自分のやり方を押し付けても、部下は動かないし変わらないのです。

でも、自分と部下のお互いが大切にしているものが違うことを理解しあえれば、その違いを尊重した上でお互いが納得できる合意を得て物事を進めることができるようになります。

その意味で、ストレングスファインダーは、マネジメント、人材育成に最適なツールなのです。

弊社では、ストレングスファインダーを活用したマネジメント、チームビルディング、コミュニケーション力向上といった各種研修を提供しております。

是非ご用命ください。


詳細は、こちらから。

お問い合わせは、こちらから。


無料メルマガを配信中です!

メルマガでは、ストレングスファインダー、アサーティブをベースに、才能を活かして自分らしく楽に生きる方法を書いています。

日常で活かせるちょっとした考え方、物事の捉え方のコツを書いてます。

ぜひこの機会にご購読ください!(^_^)

無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」の購読

こちらの記事も参考にしてください!

【ストレングスファインダー®とは】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/931/

【ストレングスファインダー®の診断方法】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/944/

【ストレングスファインダー®の活かし方】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/932/

【ストレングスファインダー®の活かし方 『バルコニーとベースメント』】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/935/

【ストレングスファインダー®の活かし方 『資質の組み合わせによるダイナミクス』】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/937/

【ストレングスファインダー®4つの資質のグループ】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/939/

無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」の購読

この記事を書いたプロ

株式会社ハート・ラボ・ジャパン [ホームページ]

人材コーディネーター 知識茂雄

熊本県熊本市南区浜口町19-2 [地図]
TEL:096-223-8852

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
企業向け研修
イメージ

ストレングスファインダー®は、チーム、組織内の円滑なコミュニケーションの促進に大いに役立ちます。実際に、ストレングスファインダー®を導入されている企業様も...

個人向けサービス
イメージ

ストレングスファインダー®が日本に持ち込まれたのは意外に古くて、14年ほど前になります。もっともポピュラーなテストの受け方は、「さあ才能(自分)に目覚めよう」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ハート・ラボ・ジャパン 代表取締役 知識 茂雄

コーチングを通して企業の風通しを良くするコミュニケーションのプロ(1/3)

「しなやかで強い心を育む」をコンセプトに、コーチングやカウンセリング事業を行う株式会社ハート・ラボ・ジャパン。自分を理解したい、今の自分を認めることができず生きづらさを感じている、社内での人材育成やリーダーシップについて学びたい。このような...

知識茂雄プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

個人の資質を活かしたコミュニケーションに関する全てをサポート

会社名 : 株式会社ハート・ラボ・ジャパン
住所 : 熊本県熊本市南区浜口町19-2 [地図]
TEL : 096-223-8852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-223-8852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知識茂雄(ちしきしげお)

株式会社ハート・ラボ・ジャパン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

対人関係で悩むことが少なくなる。

対人関係で悩むことが少なくなる。 人間関係でぶつかった...

有馬伸枝
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ストレングスファインダーの資質と葛藤
イメージ

今期から短大の非常勤講師を務めています。残念ながら(?)コミュニケーション系ではなく、プログラミングを...

[ ストレングスファインダー ]

ストレングスファインダーの資質を活かすための心のあり方
イメージ

ストレングスファインダー®の資質とその組み合わせは、その人の持つ思考パターンや、思考のクセを表すものです。...

[ ストレングスファインダー ]

メールでの伝え方、受け取り方
イメージ

メールという伝達手段は、とても便利なものです。それでも、文章だけのコミュニケーションってある意味危険...

[ ストレングスファインダー ]

機嫌が悪いときの自分との会話の仕方
イメージ

先日、朝から理由もなく機嫌が悪い私がいました。こういう時は、自分の資質がベースメント(地下室)にこもり...

[ ストレングスファインダー ]

心動くか
イメージ

先日、今日と福岡でストレングスを伝えてきました。今日は、セミナー形式で3名の皆さまにご参加いただきまし...

[ ストレングスファインダー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ