コラム

 公開日: 2015-08-22  最終更新日: 2015-08-27

部下が育つリーダーとは

今日は、経営者の悩みの中でも上位に来るであろう、人材育成について書いてみます。

人が育たないという悩み


人材育成で悩む、多くの経営者の方が、こう考えているのではないでしょうか。

「チャンスは与えているのに、なかなか人材が育たない。」

と。

そろそろ事業承継を考えている時期だとしたら、深刻ですね。

で、こういうとき、育たない部下のせいにしていても、問題は解決しません。

人が育たないという問題は、多くの場合育っていないと言われている本人ではなく、経営者の側にあります。

要は、経営者側が育てたい人物が育つ環境を与え、成長を支援するアプローチをとっているかということです。

私自身、前職の管理職時代に、大きな勘違いをしていました。

自分が優秀な存在であり、正しく指導をすれば、人は育つのだと。

大きな勘違いでした。

私は、人は”育てる”ものだと思い込んでいました。

そもそも、そこが違いました。

人は、環境さえ整えてあげれば”育つ”存在なのです。

そのために必要なのは、適切に権限委譲することです。

そうは言っても、これが人によってはとても難しかったりします。

頭ではそれが必要だとわかっていても、なかなかできなかったりします。

だから、”権限委譲は大切だ”という理屈だけでは、人は変われないのです。

できないメカニズムを知る


大切なのは、自分が理屈では良いとわかっていることが、なぜできないのかを紐解くことです。

ここには、その人の資質が関わってきます。

ここで言う資質とは、無意識に繰り返し表れる、思考、感情、行動のパターンを言います。

つまりは思考のクセ、パターンであり、その人の価値観や大切にしているもの、必要としているものを言います。

例えば、私自身がそうでしたが、責任感が強過ぎるがゆえに、自分のチームで引き受けた仕事の質を担保するため、自分で責任をもってやりたいという気持ちが強く出ていました。

他にも、自分自身の影響で高い成果を出して認められたいとか。

こういう自分の思考のクセを知らないと、結局はどんなに良い行動とわかっていても継続することはできないのです。

でも、一旦自分にはこういう思考のクセがあることを理解すると、そんな自分を客観的に見ながら行動を選択できるようになります。

自分を客観視するということは、物事全体を俯瞰して見ることにもつながります。

すると、管理職としての本来の自分の仕事ってなに?という問いに行き着きます。

管理職というのは、部下が自ら育つ環境を整えるのが仕事だということに気づければ、そこに自分の責任感を働かせることもできます。

上記は、私の場合の思考の持って行き方でした。

大切なのは、自分が良いと思っている行動を継続することができないときに、何がその阻害要因となっているのかを、知ることです。

そこに、ストレングスファインダーが役立ちます。

自分の思考のクセを知ることのもうひとつのメリット


自分のより良い行動を阻害する要因となる思考のクセを知る、もうひとつのメリットは、自分に自分固有の思考のクセがあるのと同じように、部下にもそれぞれに思考のクセがあることを知ることです。

すると、そもそものそれぞれの部下に対するアプローチが自然に変わっていきます。

例えば、失敗を恐れて、特に初めてやることには、周りから見て必要以上に慎重になってしまうタイプには、いくら「やれ!」とけしかけても動けません。

何を恐れているのかを聞きながら、相手の不安を解消してあげることが必要です。

自分がやるべきことが、どんな経緯で、どんな意味があるかを納得しないと動けない部下には、指示したことの背景をきちんと説明してあげる必要があります。

こんなふうに、自分の思考のクセ、すなわち自分が大切にしているもの、必要としているものに気づければ、他人が大切にしているもの、必要としているものも尊重することができます。

そうなって初めて、リーダーにふさわしい行動が取れるようになるのです。

無料メルマガを配信中です!

メルマガでは、ストレングスファインダー、アサーティブをベースに、才能を活かして自分らしく楽に生きる方法を書いています。

ぜひこの機会にご購読ください!(^_^)

無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」の購読

こちらの記事も参考にしてください!

【ストレングスファインダー®とは】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/931/

【ストレングスファインダー®の診断方法】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/944/

【ストレングスファインダー®の活かし方】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/932/

【ストレングスファインダー®の活かし方 『バルコニーとベースメント』】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/935/

【ストレングスファインダー®の活かし方 『資質の組み合わせによるダイナミクス』】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/937/

【ストレングスファインダー®4つの資質のグループ】
http://mbp-kumamoto.com/heart-lab/column/939/

無料メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」の購読

この記事を書いたプロ

株式会社ハート・ラボ・ジャパン [ホームページ]

人材コーディネーター 知識茂雄

熊本県熊本市南区浜口町19-2 [地図]
TEL:096-223-8852

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
企業向け研修
イメージ

ストレングスファインダー®は、チーム、組織内の円滑なコミュニケーションの促進に大いに役立ちます。実際に、ストレングスファインダー®を導入されている企業様も...

個人向けサービス
イメージ

ストレングスファインダー®が日本に持ち込まれたのは意外に古くて、14年ほど前になります。もっともポピュラーなテストの受け方は、「さあ才能(自分)に目覚めよう」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社ハート・ラボ・ジャパン 代表取締役 知識 茂雄

コーチングを通して企業の風通しを良くするコミュニケーションのプロ(1/3)

「しなやかで強い心を育む」をコンセプトに、コーチングやカウンセリング事業を行う株式会社ハート・ラボ・ジャパン。自分を理解したい、今の自分を認めることができず生きづらさを感じている、社内での人材育成やリーダーシップについて学びたい。このような...

知識茂雄プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

個人の資質を活かしたコミュニケーションに関する全てをサポート

会社名 : 株式会社ハート・ラボ・ジャパン
住所 : 熊本県熊本市南区浜口町19-2 [地図]
TEL : 096-223-8852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-223-8852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知識茂雄(ちしきしげお)

株式会社ハート・ラボ・ジャパン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

心が軽くなりました。

ストレングスファインダーの読み込みをしていただいての感想...

M・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ストレングスファインダーの資質と葛藤
イメージ

今期から短大の非常勤講師を務めています。残念ながら(?)コミュニケーション系ではなく、プログラミングを...

[ ストレングスファインダー ]

ストレングスファインダーの資質を活かすための心のあり方
イメージ

ストレングスファインダー®の資質とその組み合わせは、その人の持つ思考パターンや、思考のクセを表すものです。...

[ ストレングスファインダー ]

メールでの伝え方、受け取り方
イメージ

メールという伝達手段は、とても便利なものです。それでも、文章だけのコミュニケーションってある意味危険...

[ ストレングスファインダー ]

機嫌が悪いときの自分との会話の仕方
イメージ

先日、朝から理由もなく機嫌が悪い私がいました。こういう時は、自分の資質がベースメント(地下室)にこもり...

[ ストレングスファインダー ]

心動くか
イメージ

先日、今日と福岡でストレングスを伝えてきました。今日は、セミナー形式で3名の皆さまにご参加いただきまし...

[ ストレングスファインダー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ