コラム

 公開日: 2017-03-08 

農業法人化におけるメリットデメリット

農業法人になった場合、税制でさまざまな優遇措置が受けられる反面、多くの法人の場合、利益のない場合でも税金の納付義務が発生するので、所得が少ない場合は負担が大きくなるというデメリットがあります。

一方、社会保障面では、雇用者が安心して働くことができるようになり、健康保険や年金保険の負担が法人と折半になるなど、雇用者にとってのメリットがあります。

また法人化することで、家計と経営が分離し、“どんぶり勘定”が減るメリットが挙げられますが、その分、コストなどの負担は覚悟しなければなりません。

こうしたメリットデメリットを把握し、自分の事業を具体的に振り返って見つめてみるということは、ご自身の経営にとって大きなプラスとなるはずです。

農業を法人化するために知っておきたいこと

前回のコラムでは、農業経営の根深い問題である“どんぶり勘定”についてお話ししました。今回はしっかりとした情報・知識を持たないままに取り扱われることの多い“農業の法人化”についてお話をしてみたいと思います。

まず“法人化”とは簡単に言ってしまえば、農業を個人や家族での事業から、会社での事業にすることです。

「法人化すると税金が安くなる」といった話をよく聞くことから、あまり考えずに目先の利益を求めて“法人化”してしまうといった人や、逆に「手続きが面倒だ」という理由で法人化した方が良い場合でも、個人経営を続けていく人などがいます。しかし、まずはそのメリット、デメリットを正しく理解して、そのうえで適切に選択することが重要です。

法人化におけるメリット、デメリット

まず「法人化すると税金が安くなる」というのは、「法人全体に所得が配分されることによって控除などの額が大きくなる」といった理由からです。

ただし、法人の場合、一般的には利益がなくても税金の納付義務が発生しますので、所得の少ない場合は負担が大きくなることも覚えておいて下さい。

社会保障の面では、各種の社会保険や労働保険が適用されることにより、雇用者が安心して働くことができるようになるほか、国民健康保険と年金が法人と折半になるなどの雇用者側のメリットがあります。

また、大きなメリットとして、法人になって家計と経営が分離することにより、前回お話ししたような“どんぶり勘定”が通用しなくなる、ということも挙げられるでしょう。

ただし、これは法人化の優遇措置というよりも「個人から法人になった結果、そうならざるを得ない」ということであり、自分でやる場合はそれ相応の手間がかかる、専門家に頼む際には費用がかかるといった負担が発生します。

法人にならなくても、各自の努力で家計と経営を分離することは可能です。

「法人にする、しない」という最終結論はともかく、こうしたメリット、デメリットを正確に把握し、自分の事業を具体的に振り返って見つめてみるということは、ご自身の経営にとって大きなプラスとなることは確かです。

この記事を書いたプロ

前之園行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 前之園博一

熊本県熊本市東区健軍1-18-7 1F [地図]
TEL:096-295-2455

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
前之園博一 まえのそのひろかず

農業を経営面からサポートし、「やりたくなる農業」創出を目指す(1/3)

行政書士・前之園博一さんの専門は、農業の経営支援です。今、農業が抱える、資金繰り、農地問題、後継者問題という3つの課題を、「経営」という視点から支援したい。これが、前之園さんが行政書士事務所を立ち上げた理由です。 「主な業務としているのが...

前之園博一プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

行政書士として、農業を「経営」という視点で支援する強み

事務所名 : 前之園行政書士事務所
住所 : 熊本県熊本市東区健軍1-18-7 1F [地図]
TEL : 096-295-2455

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-295-2455

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前之園博一(まえのそのひろかず)

前之園行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
セミナーしました

セミナーしました先週の後半は2回にわたってセミナーをしました。■H27.11.12(木)「金融機関とのつき合い...

農業における経営承継対策の必要性とプロセス

これまでの農業経営は、親族が後継ぎとして世襲的に承継していくことが非常に多く、あまりきちんとした承継対策が...

[ 農業継承 ]

農地を相続したときの納税方法の特例とは?

今回は、農業を承継していくための必要知識とも言える“農地の相続”についてお話ししてみたいと思います。農業...

[ 農業継承 ]

農業経営の課題はどんぶり勘定からの脱却

かつて、私が日本政策金融公庫に就職し、農林水産業の融資や債権回収の仕事を担当していた時に目にしたのは、幅広...

[ 農業経営 ]

小規模事業者持続化補助金の採択率90%

小規模事業者持続化補助金の採択結果が出ました。全体の平均採択率はまだ不明ですが、弊所で支援させていただ...

[ 資金調達 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ