コラム

 公開日: 2015-12-10 

クラウドファンディング

今日の日農に興味深い記事が出ていました。

ワイン農業を始めるにあたり、クラウドファウンディングで自己資金を集めたという事例です。

長野県高山村の湯本康之さん(43)。

ワイン農業を始めるにあたり、差別化を図るために自前のワイナリーが必要と思った湯本さんは、6次化を検討します。

しかし、6次化の認定を受けても補助が決まるまでには時間がかかることから、これは使いませんでした。

そこで、公庫に相談したところ、自己資金があれば融資するとのこと。

しかし、海外研修や苗代で自己資金を使い果たしてしまっていた。

2014年2月、クラウドファンディング仲介のミュージックセキュリティーズのセミナーを聞いて、講師と名刺交換。

総事業費3,100万円のうち、建設費と運転資金2,300万円は公庫が融資、設備費の800万円をクラウドファンディングで調達すれば、自己資金とみなすと公庫が認めてくれたそうです。

「信州・高山村 ワイン農家ファンド」の名称で、予備費も含め840万円を、2015年3月30日夕方から、1口52,850円(2,850円は業者手数料)で募集。2018〜2022年に返済する。

年平均売上高を1,600万円と計画、分配額が58,169円になるシミュレーションを示した。契約期間中1回、ボトル4本を贈呈する特典をつけた。ホームページでは子どもの写真を載せ、家族経営で規模は小さくても個性あるワイナリーであることを強調した。募集期間は2015年9月30日までとしたが、2015年4月3日の午前中(つまり4日間)に予定額に達した。

湯本さんは「元本保証も担保もいらないので、起業するには相当のメリットがある」とのこと。

来年冬、貯蔵中のワインの味が良くなったら販売するが、そのときはファンドの参加者147人がファンになってくれると期待している。

ーーーーー

というのが記事の中身でした。これ最大のポイントは「公庫が自己資金と認めた」というところですね。

147人が55,000円出すと800万円超えますね。

クラウドファンディングはうまくいったり、うまくいかなかったりあるようです。

この成功事例を見ると、以下の要因があるのではないかと思われます。

1 ワインが魅力的

2 売上予定額、分配額の数字に信憑性があった(のではないか)

3 子どもの写真

4 もともとワイン会社で働いていたので業界でのキャリアがあった

5 しかも2010年ごろ失敗した経験があり、それを繰り返さないための投資

6 公庫担当者の理解



公庫に相談しても、自己資金がないと断られるケースが多いので、自己資金確保のために認められるということなら、クラウドファインディングには大きな意義があると思います。800万円集めて3,000万円の投資ができるわけです。(業者側からすると、2,850円/52,580円=5%の成功報酬ということですね)

弊所としても、クラウドファンディングについて研究を深めていきたいと思います。

この記事を書いたプロ

前之園行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 前之園博一

熊本県熊本市東区健軍1-3-5 1F [地図]
TEL:096-295-2455

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
前之園博一 まえのそのひろかず

農業を経営面からサポートし、「やりたくなる農業」創出を目指す(1/3)

行政書士・前之園博一さんの専門は、農業の経営支援です。今、農業が抱える、資金繰り、農地問題、後継者問題という3つの課題を、「経営」という視点から支援したい。これが、前之園さんが行政書士事務所を立ち上げた理由です。 「主な業務としているのが...

前之園博一プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

行政書士として、農業を「経営」という視点で支援する強み

事務所名 : 前之園行政書士事務所
住所 : 熊本県熊本市東区健軍1-3-5 1F [地図]
TEL : 096-295-2455

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-295-2455

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前之園博一(まえのそのひろかず)

前之園行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
セミナーしました

セミナーしました先週の後半は2回にわたってセミナーをしました。■H27.11.12(木)「金融機関とのつき合い...

農業における経営承継対策の必要性とプロセス

これまでの農業経営は、親族が後継ぎとして世襲的に承継していくことが非常に多く、あまりきちんとした承継対策が...

[ 農業継承 ]

農地を相続したときの納税方法の特例とは?

今回は、農業を承継していくための必要知識とも言える“農地の相続”についてお話ししてみたいと思います。農業...

[ 農業継承 ]

農業法人化におけるメリットデメリット

農業法人になった場合、税制でさまざまな優遇措置が受けられる反面、多くの法人の場合、利益のない場合でも税金の...

[ 農業経営 ]

農業経営の課題はどんぶり勘定からの脱却

かつて、私が日本政策金融公庫に就職し、農林水産業の融資や債権回収の仕事を担当していた時に目にしたのは、幅広...

[ 農業経営 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ