コラム

 公開日: 2015-12-04 

TPP女子高生翻訳1 序文

TPP

TPPの対策が種々取られようとしています。

そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたいと考えます。

単に訳すのはつまらないので、女子高生風に訳してみます。あくまで私訳ですので、信用しすぎないようにしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめに

ブルネイ、チリ、ニュージーランド、シンガポールの政府(この先は、文脈で分かる以外はまとめて「あたしたち」か個別に「加盟国」と呼ぶよ)は、決めたの。

あのね、あたしたちの友情と協力の特別なきずなを強くするよ。

あたしたちの関係の枠組みを広げたいの。アジア太平洋地域の戦略的な提携を作り出すために、貿易と投資を自由化したり、より広く深く協力したりしてね。

でね、調和のとれた発展と世界貿易の拡大に貢献するよ。んで、世界会議でのより広い協力を進めるよ!

ってことは、広くて安全な市場を作るんだ。あたしたちの地域のモノとサービスの両方のね。

互恵貿易のゆがみを避けるよ。んで、貿易のルールを明確にするの。

あと、ビジネスの計画と投資のための商業的な枠組みを予測できるよう明確にするの。

あーでも一応、WTOを作ったときのマラケシュ協定や、多国間や二国間の協定や取り決めに基づくそれぞれの権利と義務が基礎となるよ。

それから、APECの目的と原則を守るの確かめるね。

もっかい確かめるよ!「競争と規制改革を促進するためのAPEC原則」を守るよ。競争へのゆがみを最少限にする規制の設計とか、競争のプロセスを守り促進するためにね。

話変わるけど、忘れないで!経済成長、社会の発展、環境保護は、お互いに独立でないし、持続的な成長のためお互いに依存しあう要素ってこと。あと、より緊密な経済連携が持続的な成長を進めるために大事だってことね。

まー言いたいのはさ、世界市場でのぼくたちの会社の競争力を強化するんだ。

想像力とイノベーションを育てて、あたしたちのモノとサービスの貿易を促進するため、知的財産権の保護をすすめるよ。

繰り返しになるけど、戦略的な経済連携を強化するよ。経済的、社会的な利益をもたらしたり、雇用の機会を増やしたり、生活基準を良くするためにね。

あーでもね、国内の政策目標を達成するために、それぞれの国が規制をかける権利を持っていることには賛成だよ。

もち、公共の福祉を守る柔軟性は守るね。

もち、みんな関心のある労働問題と環境問題への協力を広げるよ。

よーするにね、アジア太平洋地域の共通の枠組みを推進するよ。他の経済圏にこの協定への加盟を促すことを約束するね。

以下のとおり決めちゃった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PREAMBLE

The Governments of Brunei Darussalam, the Republic of Chile, New Zealand and the Republic of Singapore, (hereinafter referred to collectively as the “Parties” or individually as a “Party”, unless the context otherwise requires), resolve to:

STRENGTHEN the special links of friendship and cooperation among them;

ENLARGE the framework of relations among the Parties through liberalising trade and investment and encouraging further and deeper cooperation to create a strategic partnership within the Asia - Pacific region;

CONTRIBUTE to the harmonious development and expansion of world trade and provide a catalyst for broader cooperation at international forums;

CREATE an expanded and secure market for the goods and services in their territories;

AVOID distortions in their reciprocal trade; ESTABLISH clear rules governing their trade;

ENSURE a predictable commercial framework for business planning and investment;

BUILD on their respective rights and obligations under the Marrakesh Agreement establishing the World Trade Organization and other multilateral and bilateral agreements and arrangements;

AFFIRM their commitment to the Asia – Pacific Economic Cooperation (APEC) goals and principles;

REAFFIRM their commitment to the APEC Principles to Enhance Competition and Regulatory Reform with a view to protecting and promoting the competitive process and the design of regulation that minimises distortions to competition;

BE MINDFUL that economic development, social development and environmental protection are interdependent and mutually reinforcing components of sustainable development and that closer economic partnership can play an important role in promoting sustainable development;

ENHANCE the competitiveness of their firms in global markets;
FOSTER creativity and innovation, and promote the protection intellectual property rights to encourage trade in goods and services among the Parties; 1

STRENGTHEN their strategic economic partnership to bring economic and social benefits, to create new opportunities for employment and to improve the living standards of their peoples;

UPHOLD the rights of their governments to regulate in order to meet national policy objectives;

PRESERVE their flexibility to safeguard the public welfare;
ENHANCE their cooperation on labour and environmental matters of mutual interest;

PROMOTE common frameworks within the Asia – Pacific region, and affirm their commitment to encourage the accession to this Agreement by other economies;

HAVE AGREED as follows:

この記事を書いたプロ

前之園行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 前之園博一

熊本県熊本市東区健軍1-3-5 1F [地図]
TEL:096-295-2455

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
前之園博一 まえのそのひろかず

農業を経営面からサポートし、「やりたくなる農業」創出を目指す(1/3)

行政書士・前之園博一さんの専門は、農業の経営支援です。今、農業が抱える、資金繰り、農地問題、後継者問題という3つの課題を、「経営」という視点から支援したい。これが、前之園さんが行政書士事務所を立ち上げた理由です。 「主な業務としているのが...

前之園博一プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

行政書士として、農業を「経営」という視点で支援する強み

事務所名 : 前之園行政書士事務所
住所 : 熊本県熊本市東区健軍1-3-5 1F [地図]
TEL : 096-295-2455

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-295-2455

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前之園博一(まえのそのひろかず)

前之園行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
セミナーしました

セミナーしました先週の後半は2回にわたってセミナーをしました。■H27.11.12(木)「金融機関とのつき合い...

農業における経営承継対策の必要性とプロセス

これまでの農業経営は、親族が後継ぎとして世襲的に承継していくことが非常に多く、あまりきちんとした承継対策が...

[ 農業継承 ]

農地を相続したときの納税方法の特例とは?

今回は、農業を承継していくための必要知識とも言える“農地の相続”についてお話ししてみたいと思います。農業...

[ 農業継承 ]

農業法人化におけるメリットデメリット

農業法人になった場合、税制でさまざまな優遇措置が受けられる反面、多くの法人の場合、利益のない場合でも税金の...

[ 農業経営 ]

農業経営の課題はどんぶり勘定からの脱却

かつて、私が日本政策金融公庫に就職し、農林水産業の融資や債権回収の仕事を担当していた時に目にしたのは、幅広...

[ 農業経営 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ