コラム

 公開日: 2018-03-25 

持続可能な制度見直しと年金積立金運用状況について(公的年金)


日本の年金制度は、現役世代の保険料負担で高齢者世代を支えるという考え方を基本としています。(賦課方式)

近年、少子高齢化が急激に進むことで、
現役世代の保険料だけで年金給付をまかなうとなると、
保険料の引き上げまたは給付水準の低下が避けられない状態となることで
一定の積立金を活用する財政計画を立てています。


年金積立金管理運用独立行政法人GPIFのホームページの中に
「分散投資」「基本ポートフォリオの策定・管理」という文言とともに

長期的な運用においては、短期的な市場の動向により資産構成割合を変更するよりも、基本となる資産構成割合を決めて、これを維持する方が効率的で良い結果をもたらすことが知られています。とあります。
この表現は、とてもよいと思います。
日本人は短期的売買へ興味を持ちがちですが、
そうではなく長期的なものさしで考えるということであり
基本の資産構成割合を決めるということと、
これを維持しながらメンテナンスしていくという感覚をもつことを言っていますね。

一方、年金保険料を納付しているけれど・・・
いざ年金の受給ができるのだろうか?
といった不安をお持ちの方が多いと思います。

そこで
H16年(2004年)改正において、
次の4つを組み合わせることで
持続可能な制度の構築を目指した「制度の見直し」が行われました。

① 保険料水準固定方式の導入
保険料水準は、
平成29(2017)年までに厚生年金は18.3%、
国民年金は16900円に段階的に引き上げた上で固定されます。
固定された保険料水準の下で
給付水準をできるだけ高く保つために積立金が有効に活用されることになりました。

② マクロ経済スライドの導入
被保険者数の減少や平均寿命の伸び等が年金額の改定に反映され、
改定率が手取り賃金や物価の伸びよりも抑制された給付水準の
自動調整をする仕組みです。

③ 基礎年金の国庫負担割合引き上げ
国庫負担分が2分の1に引き上げとなりました。

④ 積立金の活用年金の財政運営方式
賦課方式を基本とし、おおむね100年間で財政均衡を図ることとし、
積立金は、その財政均衡期間の終了時に
支払準備金程度(給付費の1年分程度)を保有することになりました。

これにより、
固定された保険料水準の下で、
給付水準をできるだけ高く保つために
積立金が有効に活用されることになります。

「積立金の有効活用」や「運用」というと、
敬遠してしまうキーワードですが。
私たちの年金はどのように運用されているのでしょうか。

年金積立金管理運用独立行政法人GPIFの運用実績については、
単年度で見るとマイナスの年度もありますが、
公的年金は長期にわたって財政の均衡を図っていく制度なので、
ある程度の期間でみて評価するべきといえます。
自主運用を開始してからの累積でみると、運用実績はプラスの収益となっています。
具体的な数字としては
平成13年度(自主運用開始)から29年第三四半期までの累積収益額 約69.0兆円
平成13年度から29年第三四半期まで 平均収益率3.39%  です。
(GPIF年金積立金管理運用独立行政法人HPより)
また
第3四半期末の運用実績による構成割合は
(平成29年12月末)
(年金積立金全体)
国内債券27.67% 国内株式26.05% 外国債券14.13%外国株式25.08% 短期資産7.06%
合計100.00%

株式割合なども含めていくことが必要ですね。
個々人のリタイアメントプランでは、いかがでしょうか。
年金制度の心配とともに、
「インフレリスクへの対応」のテーマも、機会があればお話ししていきたいと思います。

いかがでしたか。

ご相談に合わせて
キャッシュフロー表(物価上昇等、勘案)を作成、アドバイスを行っています。

枝川FPコンサルティング株式会社

この記事を書いたプロ

枝川FPコンサルティング株式会社 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 枝川陽子

熊本県熊本市南区平田1-14-8 亀川ビル2階A号室 [地図]
TEL:096-374-7757

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
枝川FPコンサルティング(株) 枝川陽子代表取締役

「一生涯の所得確保」を目標に、夢を叶えるお手伝い(1/3)

「お客様のための私の使命は、一生涯の“所得確保”です」。枝川FPコンサルティング(株)の枝川陽子代表取締役はこう言い切ります。「勤労所得はいずれ終わりが来ます。現在の年金支給年齢である65歳も、確約されたものではありません。でも、人は死ぬま...

枝川陽子プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

一生涯の所得確保を目指し、保険を卒業できる資産形成支援

会社名 : 枝川FPコンサルティング株式会社
住所 : 熊本県熊本市南区平田1-14-8 亀川ビル2階A号室 [地図]
TEL : 096-374-7757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-374-7757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

枝川陽子(えだがわようこ)

枝川FPコンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
いかに解決するか?子育て世代の教育資金問題

★子育て世代の多くが悩む教育費多くの子育て世代が悩んでいる、教育費について解説いたします。 教育費へ...

[ ライフプラン ]

金融リテラシーとは

「金融リテラシー」 ということばを耳にしたことはありますか。知らないと損をする! 最低限身につけておき...

[ 金融 ]

ライフプラン と 住宅ローンの選択
イメージ

解体後の新築工事を多く目にします。少しずつ、復旧、復興と時間が流れているように感じます。建てる予定...

[ 金融 ]

CFP認定者検索システムへ登録されています(日本FP協会)
イメージ

CFP認定者検索システムへ登録されています。https://www.jafp.or.jp/confer/search/cfp/日本FP協会のホームペ...

[ ライフプラン ]

給付型奨学金について

2017年度から給付型奨学金が一部スタート。本格的導入は2018年度より。給付型創設、従来からある貸与型の無利...

[ 教育資金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ