コラム

 公開日: 2017-05-30 

ふるさと納税の返戻品を3割以下へ (総務省)

総務省より自治体向けに4月1日付けで
返戻品の割合を「速やかに3割以下とすること」という通知がありました。

ふるさと納税は「地方自治体に対する寄附金のこと」ということですが、
もう少し細かくいうと、「寄付」かどうかとなってくるところに問題があるようです。
そもそも、寄付金とは
税制上、「経済的な利益の無償の供与」となります。対価がないものです。
対価というと、ふるさと納税は返戻品(反対給付)があります。
その返戻品の過熱ぶりが問題のようです。
仮に1万円の寄付金に対し、5割の返戻品となると、5000円の返戻品をもらう。
差し引くと、5000円の損をしてしまうと思ってしまいますが、単純にそうではありません。

2,000円を超える部分については、
一定の上限まで所得税・個人住民税から全額が還付・控除されます。
(※所得額や家族構成等により控除額の上限あり)
実質2000円の負担で返戻品を手にすることができ、
地域貢献(寄付の使い方も選択できたりします)が可能で税金が安くなるわけです。

H27年からふるさとの納税がぐんとおトクになりました。
①寄附に対しての控除額が2倍に増加
②寄附先が5自治体以内であれば確定申告が不要(ふるさと納税ワンストップ特例制度)
③特産品がもらえる自治体が増え、返戻品の種類も様々となった。

よいことばかりのようですが、そうでしょうか。
個人住民税は、今住んでいる住所地の行政サービスのために使われています。
近年都会に仕事を求め人口が流出していくことは、つまり地方に住所地をもつ人が少なくなり、納付する税の収入減少につながります。そこでふるさと納税の仕組みは、育んでくれた地方、お世話になった地域の行政(教育や福祉)のコストに対して還元する仕組みで始まりました。

ふるさと納税の寄付金を受け取る自治体は収入がどんなに多くても、地方交付税(国から本来受け取る交付金)はそのまま減額されません。
一方、地方交付税の不交付団体である東京都は、区民税の減少しており、昨今の待機児童への解消等・・・行政サービス面で対応が難しいところです。
本来、安心して住みやすく、行政サービスによる受益に対して税金を負担する(応益性)が住民税の原則です。
ふるさと納税の返戻品で、税収額が高い自治体とそうでない自治体、があります。
地方自治体の交付金の財源は、国税と国の借金です。
その負担は、私たちの子どもや孫たちの世代へとなり、もしかするとふるさと納税によって、将来増税を受け入れることになってしまうことも懸念されます。

いかがでしたか。

ご相談に合わせて
キャッシュフロー表(物価上昇等、勘案)を作成、アドバイスを行っています。

枝川FPコンサルティング株式会社

この記事を書いたプロ

枝川FPコンサルティング株式会社 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 枝川陽子

熊本県熊本市南区平田1-14-8 亀川ビル2階A号室 [地図]
TEL:096-374-7757

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
枝川FPコンサルティング(株) 枝川陽子代表取締役

「一生涯の所得確保」を目標に、夢を叶えるお手伝い(1/3)

「お客様のための私の使命は、一生涯の“所得確保”です」。枝川FPコンサルティング(株)の枝川陽子代表取締役はこう言い切ります。「勤労所得はいずれ終わりが来ます。現在の年金支給年齢である65歳も、確約されたものではありません。でも、人は死ぬま...

枝川陽子プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

一生涯の所得確保を目指し、保険を卒業できる資産形成支援

会社名 : 枝川FPコンサルティング株式会社
住所 : 熊本県熊本市南区平田1-14-8 亀川ビル2階A号室 [地図]
TEL : 096-374-7757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-374-7757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

枝川陽子(えだがわようこ)

枝川FPコンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
いかに解決するか?子育て世代の教育資金問題

★子育て世代の多くが悩む教育費多くの子育て世代が悩んでいる、教育費について解説いたします。 教育費へ...

[ ライフプラン ]

金融リテラシーとは

「金融リテラシー」 ということばを耳にしたことはありますか。知らないと損をする! 最低限身につけておき...

[ 金融 ]

ライフプラン と 住宅ローンの選択
イメージ

解体後の新築工事を多く目にします。少しずつ、復旧、復興と時間が流れているように感じます。建てる予定...

[ 金融 ]

給付型奨学金について

2017年度から給付型奨学金が一部スタート。本格的導入は2018年度より。給付型創設、従来からある貸与型の無利...

[ 教育資金 ]

つみたてNISA

来年1月からスタートする予定の「つみたてNISA」。年間の非課税枠は、40万、2038年までの20年間でフルに...

[ 金融 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ