コラム

 公開日: 2015-11-17 

平均余命について

「平均寿命」と「平均余命」について
似ているようで違う、2つのことばについて解説します。

まずは 「平均寿命」です

2014年7月30日(最新) 厚労省の調査で

「平均寿命」 男性80.50歳、女性86.83歳となっており

男性は2013年世界第4位から1ランクアップの 第3位
女性は 3年連続 世界第1位となりました。

ここまでは前回ご案内しました。

では、「平均余命」ということばはどう違うのでしょうか。

「平均寿命」は0歳のひとがどのくらい生きるかの平均余命なのです。
(平均寿命と平均余命は微妙にちがいますね)

そこで、60歳のひとの「平均余命」はいくつなのか?・・・という数値をみてみましょう。
60歳まで経過しているから、「平均寿命」の数値から引き算したいと思いますが、
男性が20.50歳と、女性26.83歳ではありません。

60歳での「平均余命」は
男性で23.36歳(つまり合計83.36歳)、女性は28.68歳(つまり合計88.68歳)なのです。
つまり、長く生きている方の「平均余命」は少し長くなるわけです。

65歳のリタイア年齢からすると、(ついこの前までリタイアは60歳と話していました)、そこから20年ほど長く計画しておく必要があるということです。
こころと経済的な面でも豊かに迎えたいものです。


金融広報中央委員会がH26年に行ったアンケート調査では
金融資産がない世帯(二人以上世帯)は全体の30%以上にのぼります。
40歳、50歳代の子育てと宅ローン負担額が重く、資産形成がうまくいかない現状があります。

誰もが不安のない人生を、おくりたいものですね。

いかがでしたか。

ご相談に合わせて
キャッシュフロー表(物価上昇等、勘案)を作成、アドバイスを行っています。

枝川FPコンサルティング株式会社

この記事を書いたプロ

枝川FPコンサルティング株式会社 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 枝川陽子

熊本県熊本市南区平田1-14-8 亀川ビル2階A号室 [地図]
TEL:096-374-7757

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
枝川FPコンサルティング(株) 枝川陽子代表取締役

「一生涯の所得確保」を目標に、夢を叶えるお手伝い(1/3)

「お客様のための私の使命は、一生涯の“所得確保”です」。枝川FPコンサルティング(株)の枝川陽子代表取締役はこう言い切ります。「勤労所得はいずれ終わりが来ます。現在の年金支給年齢である65歳も、確約されたものではありません。でも、人は死ぬま...

枝川陽子プロに相談してみよう!

熊本朝日放送 マイベストプロ

一生涯の所得確保を目指し、保険を卒業できる資産形成支援

会社名 : 枝川FPコンサルティング株式会社
住所 : 熊本県熊本市南区平田1-14-8 亀川ビル2階A号室 [地図]
TEL : 096-374-7757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

096-374-7757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

枝川陽子(えだがわようこ)

枝川FPコンサルティング株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
いかに解決するか?子育て世代の教育資金問題

★子育て世代の多くが悩む教育費多くの子育て世代が悩んでいる、教育費について解説いたします。 教育費へ...

[ ライフプラン ]

金融リテラシーとは

「金融リテラシー」 ということばを耳にしたことはありますか。知らないと損をする! 最低限身につけておき...

[ 金融 ]

2016 はあもにいフェスタ 「投資を学ぶ」 ワークショップとミニセミナーを開催しました!
イメージ

「はあもにいフェスタ2016」が 熊本市男女共同参画センター はあもにい で 開催されました。震災...

[ 金融 ]

「住宅ローンの借り換え」って何をどう理解して実行していますか

今日は「住宅ローン」のこと書いてみます。金融商品を販売する立場から思うことがあります。それはライフ...

[ 金融 ]

50年後の日本の人口とは

50年後の日本の人口って・・・、いやぁ・・みなさん何歳でしょうか。何だか想像できないくらい先のことですが...

[ 日本と世界 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ